東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

オープンハウス行ってきました

建築士N兄弟とT氏、偶然近くで同じ日に
新築物件のオープンハウスが行われたので、オットと2人で見に行ってきた。

どちらもさすが、と思わされるすてきな家だった。
N兄弟のほうは一言で言うと「かっこいい家」。T氏のほうは「よく考えられた家」。
今日みた2件に限って言えば、個人的にはT氏の家の方が好みかな。
外観はそっけないくらいだったけど、一歩中に入るといろいろな工夫が楽しく、
でも不思議に落ちつける空間。「ネコ部屋」なんかもあるし。
そこに住まう楽しさを具体的にイメージできたのは、後者の方だった。
あーいいなあ、やっぱり建築士と家を建ててみたいなあ。

ところで、建築という職業はないし、建築のセンセイと呼ばれるのは
どうも嫌だと、ある1級建築士がご自身のホームページで書いておられた。
設計事務所だから設計士と呼ばれることもあるが、それもしっくりこない。
国家資格の名称は「1級建築士」なのだから、あえていうなら建築士と
呼んでもらうのが正しい気がする、と。
それを読んでなるほど〜と思うところがあったので、私もそのご意見にならい、
ここでは「建築士」という呼び方を採用している。

雑誌の見出しなんかは建築となっていることが多いし、
言葉の流通量的には建築のほうが耳慣れてはいるんだけど。
でも「○○家」って言っちゃうと、たしかにちょっと…
イメージいいような、悪いような。なんていうか、自称、っぽくて
ウソくせー?やたらエラソーで敷居が高い感じ?
私が家を建ててほしいのは、どっちかっていうとそういう建築センセイでは
ないのだな。という気分もこめつつ。

※その後TBいただいたサイトを見て、なるほどなるほど、とあっさり改心。
素直に建築ということにしました。。。てへ。
[PR]
by majalis_k | 2005-04-23 23:57 | 引っ越すまでのこと。