東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

植栽、屋上緑化

前の住まいでは ベランダガーデニングを試みてきましたが
結構環境に合わせた種類選びって難しいのよね。。。
西向きの高層階ベランダは 夏は日差し 冬は強風、乾燥という
想像以上の過酷さで これまで数々の草木を昇天させてきたのでした
グリーンフィンガーならぬ ブラウン(枯れ草色)フィンガーですな

そろそろ残暑も峠を越え 虫の声が聞こえるようになり
園芸シーズン再開だなー。。。と 下手の横好きがうずきだし
いろいろ勉強を始めたのですが

植え付け作業はともかく
種類選びにはプロの助言が欲しいよなー。。。と
虫のいいことを考える今日この頃
植えてみて枯らす。。。の繰り返しでは
生体実験と変わりないような

とにかく 夏の暑さを経験し、
屋上に何らかの対策が必要ということは身にしみた
壁面だって 植物があれば日よけになるだろう
でも 家が傷むのではないかと渋い顔のオットを説得するには
根拠のしっかりしたプレゼンテーションが必要で

木造の我が家の構造の耐荷重を考えると
あまり重い土は使えないだろうし 大きくなる樹木や
野菜栽培も無理だろうなー。。。
芝やセダムをつかった薄層緑化、しかないのかな

冊がない周囲には セダム等を植え 足を踏み入れないようにして
中心部には ヒートアイランド緩和が期待できる芝、それも
できれば冬も枯れない品種を植えたい
セダム自体は日中水分を蒸散しない多肉植物なので
ヒートアイランド対策にはならないかもしれないけど
日陰を作ることで 下の部屋の暑さ緩和は期待できるのではないか

あひゃ 難しいなぁ 自分でできるかなぁ 心配になってきた

やっぱり 屋上は来春まで置いといて
この秋は 地面のほうからぼちぼち始めようかな。。。

シンボルツリー候補は
キンモクセイ/月桂樹/金柑/ミモザ、あたりでしょうか
(勝手に私が考えているだけですけど)
常緑で 少し高さもあって 花や実がつくこと、
あとは日本の気候に合ってそうかな? という条件で考えてます
シンボルツリーをすぐ枯らしてしまっては
なんとなく縁起が悪いですからね。。。

あとは ユキヤナギをどこかに植えたいと思ってます
更地だったとき、ユキヤナギ1株だけが残されていて
どこも設計施工を引き受けてくれなくて すったもんだする中
現地を見に行ったとき ちょうどこぼれんばかりに満開だったのが
とても印象に残っているんです こんなに素敵なところじゃない、
あきらめずがんばろう、と ずいぶん励まされたような気がする。。。
春まだ早い時期に咲く花だから 見ると春が来た♪とホッとするし
たぶん毎年ご近所の目も楽しませていたと思うんです
ひそかに残念に思っている方もいるだろうなあ、と思うので
ぜひもう一度、できれば同じところに植えたいんですよね
[PR]
by majalis_k | 2006-08-27 09:38 | 小さな家での小さなつぶやき