東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

入居して1年。。。

1〜2ヶ月後に再開と言いながら 気がつけば
休止宣言より早や3ヶ月が過ぎてしまいました。。。orz
どういう風に整理していくか 大まかな方針は固まったものの
技術知識が追いつかず とりあえずスキン変更でごまかしてみたり。
(ごまかせないよね)

とりあえず、趣味とか偏愛とか コアで細かいことになりそうなものや
読書、映画、買い物やニュースについてのコメントなど実用方面は独立させる予定。
画像の容量が嵩んできたこともあり、マイホーム建築関連も
整理が済み次第、別の保管先に移動させようと思っています。

このエキブロでは「東京で ていねいに楽しく豊かに 自分らしく暮らす」
というようなテーマで この家、この街での「暮らし」に関連する日々の活動を
ユルユル、マターリと綴っていこうかと思っています。(なんてあいまい)

新しいタイトルは 中国語(いま習っている)で
東京を「トンチン(Dong jing)」て呼ぶのが
なんだかかわいいなぁと思って気に入ったのと、
私は東京ネイティブではないので、東京についてまだまだ
知らないことやカン違いもいっぱいありそう。。。という意味を込めてつけました

というのも 私は鹿児島人と秋田人のハーフで、東京三多摩地区に育ち、
人生の大半を都民として過ごしながらも、いわゆる県民性で言うところの
東京人としてのアイデンティティは持ち合わせておりません。

私が育ったところがどれくらい東京イメージにそぐわないかと言うと
・子供の頃、「街へ行く」とは、バスに乗って駅前に行くことを指していた。
 (ちなみに新宿より先へ行くことは「都内へ行く」と言っていた)
・旅先などで「どちらから?」と聞かれ「東京」と答えるのがどうも後ろめたかった
・新宿発夜9時の特急に乗らないと公共の交通機関では家に帰りつけなかった
・中学生の時、市民会館に来たTHE ALFEEの高見沢氏がMCで
 「えっ、ここ東京なの!?」と本気で驚いていた。。。etc.
…というように(?)、住所は東京でもなかなかの田舎でして。

実は 成人して「都内」で暮らし始めてからも
同じくらいの年月が流れている、わけですが
トウキョウに憧れを持って地方から出てきた人たちほどには、
都市生活に積極的に馴染めもせず。
かといって、東京ネイティブの人たちのように「やっぱり田舎はいいね」と
非日常としての郊外生活を屈託なく楽しめもせず。
自分の地元、と言える場所も愛着もないまま、その時々で
ただ住んでいるだけ、の街を転々としてきました。

でも昨年、都内に家を建てたことをきっかけに、ようやく
ここが自分の住む街なんだ、地元なんだという意識が少しずつ芽生えてきました。
この街での「暮らし」を、もう少し積極的に 楽しんでみようと
企んでいるところです。
[PR]
by majalis_k | 2007-08-12 15:00 | 小さな家での小さなつぶやき