東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

IVF-ET[1周期目] 採卵〜分割確認、ET延期まで

初回である今回は 排卵誘発を行わない、自然周期採卵で
投薬は採卵前にスプレキュア点鼻のみでした。
取れた卵は1個。当日はオットにも一緒に来てもらったので、
空でなかっただけでも安堵しました。。。
通常のふりかける方法で受精を試みた結果、一個の受精卵を得ることが出来ました

採卵前々日深夜:スプレキュア点鼻(2プッシュ)

採卵当日:午前中来院。事前の検査問診もなく、いきなり採卵&採精。
(採卵の痛みは採血よりちょい痛、くらい。術後20分の安静、精液検査に1.5時間かかる他は
最後の問診も「取れてよかったですね」の一言であっさりと終了。この日の所要時間は3時間)

採卵翌日:午後 ☎にて受精確認 (受精はOK 順調なら翌日午後移植と告げられる)

その翌日:午前 ☎にて受精卵の分割確認 (分割が遅いので1日経過を見ると告げられる)

という流れで事は進み 採卵から3日目の本日午前 再び☎にて分割確認。
。。。やはり分割スピードが遅く、しかも分割が不均一&フラグメントも多いと告げられ
胚盤胞まで成長するか、さらに経過観察→成長できたら凍結保存
つまり 今周期での移植は見送り。。。ということに相成りました orz

まーねー まーねー 1回目からそうホイホイうまくいくもんじゃないよねー
チャンスは毎月あるじゃん! 。。。と これは用意してた台本で (^^;ゞ

卵の質が悪いのは やっぱり。。。トシなのか? 酒なのか? コーヒーなのか?
はたまた徹夜仕事のせいなのか? それとも運動不足? あとからあとから
自責点はいくらでも浮かんでくる だけど今更言ってみても始まらないこともわかってる
アルコールもコーヒーもちょっとくらいなら大丈夫、と言われもしたし 思ってもきたけれど
現実を突きつけられると さすがに次周期からはもっと気を付けようと切に思った
リアルに痛い目を見ないと身に堪えないのは相変わらずだ

もちろん まだ終わったわけじゃないですけどね^^

ごめん、卵ちゃん 母が悪かった。。。と思うことは止められないけど
それも 自分で引き受けなくてはいけない感情

ほんとにほんとに 自分だけの体じゃないんだ。。。って
これほどの実感をともなって感じたことは
40年近い人生で一度もなかったような気がするな〜
仕事に穴開けちゃみんなに迷惑かかるから気をつけなきゃ、というのとは
また次元が違った責任感、というか

自分をいじめて顧みないクセは 若いうちに早く直しておかないと
ゆくゆくは自分だけの問題におさまらないのだな

それにしても 治療はクールにさくさく進む。アタマがついていかず後手後手な感じ。
クリニックの、あまりに事務的、機械的な対応に違和感を覚える人も多いかもしれないけど
私の気質には合ってる。腫れ物扱いよりは、むしろ事務的なほうが助かる。
転院前のクリニックの先生は、高度生殖までいくと、もはや医学部ではなくて
農学部の領域。カルチャーショックを受けるかも知れないよ、とおっしゃっていたけれど。。。
(元生物部員としては)今回それをすごーく実感した気がする。
いろんな意味で、貴重な経験させてもらったと思います。

。。。って もちろん まだ終わってませんけどね ^^;<シツコイ?
[PR]
by majalis_k | 2008-09-06 11:30 | チャレンジ2008