東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チャレンジ2008( 43 )

とりあえず無題。

好きなもの好きなだけ飲み食いした数日間。

さて。悲劇のヒロイン気取りはこの辺にしときます〜

これだから不妊様は。。。ってひとくくりにされちゃうと、
同じ治療を受けていらっしゃるみなさんにご迷惑がかかりますからね♪

私も 実際治療が進むまでは、赤ちゃん連れを見るだけでイライラする
などという僻や妬みに、ちょっと批判的な気持ちもありました。
もちろんいまも褒められたことではないと思ってます。 ただ

治療を始める前の想像をはるかに超えて、
妊娠に至らなかったという判定を受けるのは 実に実にかなしいことでした
こんなに自分が動揺するなんて信じられなかったし受け入れ難かった
自分が女性である、という よりどころそのものが揺るがされる思いでした

それほどの失望が繰り返されると、ある時点で受容の限界を超えるのか
同じようにヒステリックな考え方に傾いていく自分を感じ 慄然としました

できなかったら、そのときはその時♪と はじめは確かにそう思っていたはずなのに…
どんどん余裕がなくなっていきます 余裕がないときはたいていの人が
やさしくなんてなれませんよね 人にも自分にも

それに 身重だったり子育て中だったりの苦労にくらべて
周りの理解や協力を求めにくいという点においても 孤独です

唯一の協力者であるオットはやっぱり男性ですから
受け止め方に温度差があるのは否めません どんなに努力してくれても
身ごもれないかなしみを理解、共感しきれない部分が残ります

こそこそするのも嫌なので カミングアウトしたらしたで、
かえってヘンな気を使われたり…とにかくとても孤独でした

同じ立場にある人間から見ても ちょっとヒステリックになりすぎているな?という
人はときどき見かけますが…ほめられたことではないにせよ
陰口を叩く前に、その人のかかえる孤独について
ちょっとでも思いをめぐらせてもらえたら、と思います

もしかして その人自身が一番自分を許せずに苦しんでいるのかもしれません
そのことが言い訳にできるとは思いませんが 手負いの獣にさらに矢を射かけるようなことは
せずともよいのではないかと思うのです

結局、本当のところは その人の性格でもって
その立場に実際立たされてみないとわからないものです。つまり
違う人間である以上、本当のところは知る由もないということです。
思いやりであれ陰口であれ、常にすべては憶測であるという可能性を心に留めつつ
言葉や行動を選ぶのがよいと私は思います
[PR]
by majalis_k | 2011-05-01 21:07 | チャレンジ2008

D30 判定

まず結論から言いますと、土手っ腹に穴開けてもダメでした、と ^^;

どっちかわからないでいるのが一番辛いので
はっきりして すっきりはしました

もう さよならした卵さんも2ケタを超えたことだし 慣れたものよ
ひとりでもへーきへーきと思ってたけど こればっかりはどうも慣れないみたいね

帰り道は上を向いて歩きましたw 大きく息を吸ってー 吐いてー
駅まで10分ほど、緑道を歩く道のりに救われた んー新緑が目にしみたぜぃ
目がしょぼしょぼしてるのは花粉のせいよ、って顔して
なんとか電車に乗れるくらいにはもちなおした


自分より大変な状況にある人とくらべて
自分はまだマシだ、と安心しようとする態度は
いかがなものだろう?と 日頃は思っているくちですが

やっぱり 東北の震災のことを思うと
これしきで泣いてちゃ申し訳ない気がするんだな

まあ お金はそれなりに消えていったけど
かけがえのないものではないし またがんばればいいもの。
私はまだなにも手に入れてなくて、だから失ってもいない

一方で すでに手にし慈しんでいた日々を 存在を
圧倒的な力でもぎ取られるように 突然に すべて
失った人々が 同じ大地の上に今日を生きてる

それに比べたら…、とは言わないし言えない。
ただ 全然だ、甘ったれるな 申し訳ないくらいまだまだだ、と奮い立つ

他者の危機が、甘ったれふやけた自分の姿を映してくれる
被災地の人々にむしろ元気や気付きをもらっている


…勝手にもらっちゃってスミマセン きっときっと返しにいきますから
いまはどうか すこしの間だけ そう思うことを許してください
[PR]
by majalis_k | 2011-04-29 01:24 | チャレンジ2008

D13 ZIFT手術しました

受精卵を子宮内ではなく卵管内に戻す内視鏡手術で、
10年くらい前までは主流だった(らしい)高度生殖医療です。

現在はより体の負担も費用も少なくて済むIVFの成績が良くなってきたので
あまり選択されないようですが、妊娠の確率は已然として
わずかにIVFを上回っているので、IVFをくり返しても妊娠しないとか
高齢で妊娠しにくい場合などに、希望すれば施術してくれる
オプショナルな治療法です。(設備がないとできないそうなので、
希望すればどの医療機関でも可能というわけではないようです。)

7回のIVFが不発に終わっているので、それ以上の個数がないと
手術という手段に見合った結果が期待できないとのことで
3周期にわたり合計9個の受精卵をためて、昨日ZIFTしました

(いずれも自然周期で、刺激はセロフェン錠剤とゴナールFの皮下注射。
私の場合、フォリスチムよりゴナールのほうが多く卵胞が育ちましたが
卵子の質自体は低下するのか、受精率は50%ほどに下がりました。
なので結果的に得られる受精卵は同数くらいですが、
同じ結果なら ゴナールのほうがすこし安くて済みます)

日帰り手術だし切開も大きくないので、翌日から普通に生活できる
…と説明されていましたが まあ 当然ながら傷口が痛いことは痛いですw
1cm〜5ミリ程度とはいえ、穴が4か所、お腹に開いていて
テープみたいので貼り合わせてあるだけですからね

歩けることは歩けるので家事は普通にこなしますが
ちょっと出かける気にはなれない、という程度の痛みはあり
ちょうどヘソの下の傷口に当たるので、ジーンズの前ボタンが閉められないw
ずっとジャージですごしてます

そもそもGIFT/ZIFT希望で転院したわけで
院長先生にもそれを伝えたつもりだったのですが。。。
受精前、あるいは受精直後の状態で凍結しておかなければ
いけなかったのに、4分割胚以上まで培養されちゃって。
2周期ほど無駄にしました。まあおかげでというかなんと言うか
そのときの凍結胚があと3つストックできているのですが
それらはもうIVFで戻すしかないので。

もしこのZIFTもだめで、いまあるストックを使い切ったら
今度こそ、もう治療は止めるつもりです。
年齢ももう上限と言われる年だし、もうやるだけやり切った、と。

貯金も底をついたし、時代の流れや震災の影響もちょっとあって
仕事と収入も減っているし。自治体の助成金はもらえるけど、
治療にかかる総額からしたら 正直、焼け石に水です

病院で記入してもらった、助成金の申請用紙を提出するとき
「女性因子」とでかでかと書いてあって なんだかいたたまれませんでした
不妊の原因はわからないけど、オットのほうに異常がないなら
消去法でそう判断するのが 自然なことなのでしょう

貯金も、税金由来の助成金も 砂に水を撒くように消えてしまって
結果は何も残せないで… やっぱり私の体のせいなんだ、と思うと
もういい、今度こそ本当に止めよう とようやく決心が固まりました
[PR]
by majalis_k | 2011-04-13 20:47 | チャレンジ2008

プロラクチンと炒麦芽

前も書きましたが、プロラクチンというホルモンの数値が毎度若干高めです。
といっても12前後で許容範囲ギリのレベルで
そこから上がりも下がりもしない感じ

高プロラクチン血症というほどではないですが、
数値が高いと排卵障害になったり卵の発育にも良くないらしく、
流産しやすくもなったりするらしいです。
低いにこしたことはないということで、漢方で炒麦芽処方されてます

数ヶ月服用しても変化ないので、今日から倍量になりましたw
(ふすま、みたいなものなのに なんであんなに高いのかなー 汗)

ところで その漢方の先生が 卵を毎日食べなさい!と
毎度必ず念押ししてくるんですが。ほかにバターもすすめられました

高プロラクチンに卵乳製品は厳禁、とどっかで読んだような気がしますが?

いろんな情報があって、何を信じてよいのやら

とりあえず いままで意識的でもなくフツーに食べてて
結果が良くなってるわけでもなさそうなので
しばらく控えてみようかな、と思います

先生にはニッコリと「はい 食べてます!」と答えておこう
[PR]
by majalis_k | 2011-02-12 19:23 | チャレンジ2008

人を励ますのは難しい

不妊治療についてはもう書かないとか言って 書いちゃってますが
すみません もうおなかいっぱいよーという方はスルーでよろしくです

ストレスためるとプロラクチンの値が上がっちゃいそうなのでね
(一応正常範囲内だけど上限ギリ ちょい高めなんです)
だらだら垂れ流しながらいっときます

前回の採卵で少々痛い目にあったこともあり 2周期休んで再開です
D2のホルモン検査の値は悪くなかったです というか、むしろ良かった
20代後半の数値だとまでいわれましたよ

でもね

あらゆる検査をやったけど、何の異常もない(筋腫以外はね)
むしろ健康体の部類なわけです 励ましの意味も多分に入っていると思うけど
結構褒められます いいねー いいですよー いけるかもしれないですね

。。。じゃあ、なんでだよ?と 実は歯がゆい思いでいっぱいです

励ましてくださった先生方にはすみませぬ すみませぬが

もちろん結果は良いに越したことないと思う
なかなかよい結果が出ずに悩んでおられる方も多いと思う
ぜーたくゆーんじゃねーよ?というご意見ごもっともです

止めたいなら止めればいいのに。という私自身の問題なわけですが
だけど そこに希望が示される限り 治療を止める勇気がない
止める理由がみつからないんです(経済的な理由、年齢的な理由をのぞいては)

何の問題もないんだからあと一回、この次やったらできるかもしれない
という誘惑をたちきれないのが苦しい

とまあ こっから先は無限ループなので。以下略


翻って、自分が悩んでる人を前にして何ができるか?という
考察に至るわけです

もっと踏み込んでコミットすべきなのか?それともそっとしておくべきなのか。
これは長年心につかえてきたことがらでもあるんですが

。。。結局ねー 悩んでるときっていうのは
周りが何をどんな風に言ってもダメなんじゃないか?っていう気がしますね
励ましたところで、いい結果になるとは限らないし
そーなると またみんなてきとーなこといっちゃってさー ちぇ、みたいな
逆切れ的な気分に陥ることもあり得るわけでね(それアタシかw)

子供や若者は別として、相手が経験値の近いレベルの大人、
同世代の友人なら 相談に乗るとか、一緒に考えてどうこうとかも 
微妙かもね。具体的にものが欲しい、情報が欲しいというなら
力いっぱい協力はできると思うけど、それ以上はむずかしいところ

生ぬるくない程度(これ大事。生温いってのは気持ち悪い)の、
心地よい暖かさで、ちょっと声かければ届く程度の距離で見守るというか。
そっとしておくというのと、放ったらかすのはちがうと思うけど。
それぞれの生活なり事情のある大人同士の間でそれ以上踏み込むのは
相当難しいといわざるを得ない。うまくできる人もいるのかも知れないが
わたし自身がうまくやれるとは思えないな (と 自分の限界をもここで知る)

あとは悩みたいだけ悩ませておくしかないんじゃないかしら
究極的には本人しか結論は出せんのだからして。
むしろそこにバイアスがかからないよう気を使うべきなのかも

悩みは全て解決できるか、といえばそうでもないし
すべきかといえばそうでもないかもしれない
つまり悩みってやつは 敵対関係、やっつける相手ではなく
共存すべき相手かもしれないってこと
悩みと共に生きるのは私ではなく他ならぬあなた
代わってやることはできない

そういう意味でいうと、私は友人家族には恵まれてるなw
友人はもともと少ないけど。みんなドSなの?というくらいの見守りっぷりww

おかげで大事なことは悩みつつも全部自分で決めてこられたから
良い結果も悪い結果もまあまあ受け入れられたわけだし


。。。とここまできて 気がついた
私は悩んでいることが苦しいんじゃなくて
悩んでいる自分を許せないのが苦しいんだということ。
励まされて逆切れしてるような弱い自分を許せなくて苦しいんだ、と

決めるのはほかの可能性を切り捨てることだから苦しい
でも決めずにいるのも苦しいわけで いつか決めなきゃならん
その日がくるまで、悩んでいる自分がむしろ当たり前の姿
常態なのだということを受け入れれば、少しは息がつけるかも知れない


思考が飛躍しちゃってスミマセン
もっか悩んでる本人が、悩んでる人を励まそうと考察するのは
少々ムリがあったやもしれませぬ。。。
[PR]
by majalis_k | 2011-02-12 18:19 | チャレンジ2008

久々に叱られた

漢方相談の日。自転車で行ったら先生に怒られた。
高温期は絶対にダメ!って。。。 そりゃまあそうだよなー
不妊で相談に行ってるのに、何やってんだ!って話です

自然妊娠なんてもうないと思い込んでたから ついつい油断しまくりで。
なんかハッとさせられちゃった。重いものも持つな、とか。初心にかえったわー
実の母親だってここまで言ってくれないもんね。ありがたいと思わなきゃ

先生も晩婚だったので、不妊治療を経験されたそうで。
中国の家庭のほうが、孫待望のプレッシャーはあからさまみたいで
お子さんに恵まれるまでつらい思いをなさったんだそうです

まあ西洋医学の医者や看護士は、普通に生活してて問題ないって言うけどね。
ケミカル流産するようなのはもともと育たない卵だから、って

それもそうなのかもしれないけど。
やっぱり。。。経験者の言うことを信じたくなっちゃうなー
実際2人のお子さんに恵まれて、克服されてるしね

仕事も減らせと言われているけど…治療や薬代もかかるし それはムリ(笑)
でも、できることは できるだけやろう
[PR]
by majalis_k | 2011-01-10 01:51 | チャレンジ2008

漢方の先生

漢方の内服、始めてみました。

もちろん漢方薬局で相談して、調剤してもらうわけですが
漢方の先生、とてもいい方でした よかった。。。

体の相談のはずがいつのまにか人生相談みたいになっちゃって。
体質改善を目指す漢方は、食生活から生活習慣まで全部関係してくるし
私は不妊という問題で相談に行っているので、
結構プライベートにまで突っ込んだ話になっちゃうんですよねー
なので気持ちの上で頼れる存在かどうか、相性みたいのも大事だと思ってます

日本人の方と結婚された、上海出身の女性なのですが
中国の方らしい強さと合理性、率直な物言い。
私はあんまりストレートにものを言える性格じゃないけど
彼らのそういうところ、嫌いじゃないです

個人レベルで接すると、ホントいい人いっぱいいるのになー。。。
ていうか、いい人もいれば、悪い人もいる。それは日本人だって同じ。
昨今の外交的な問題のせいで、日本人の間でも
中国の人全体に対して否定的な気運が高まっているのは
本当に残念なことだと思う 個人的に。

まあ 日本人と直接交流したことがないような
一般市民感情レベルでは 確かに日本人に対する好感度は
歴史的経緯や教育のせいもあって、元々高くはないんだろうと思う。

AZやNZにいたとき会った、同年代の中国本土の人、ついでに韓国人は、口を揃えて
日本の製品は好きだけど、日本人はあまり好きじゃないとはっきり言った。
覚えている限りでは、一人残らず。どっちでもない、という意見さえでなかった。
お年寄りじゃないですよ?当時の若者達、現在はビジネスや政治の現役世代が、です。

どっちかと言えば何となく気に入らない相手。
そう思われている状態がデフォルトだということがわかってさえいれば、
中国各地の反日デモなんていまさら驚きもしないし、過剰反応する気にもならない。

でもね 日本人である私を前に、率直にそういうことが言える
彼らの精神風土みたいなものは実にあっぱれと思うんだ。
和を尊ぶ日本人と違って、対立イコール悪いことじゃないんだよね。
はじめに自分の立場を偽らずはっきりさせる、そこからスタートする。
見習うべき点も多いんじゃないかな

いったん仲良くなると、彼らの強さは優しさでもある、っていうことがわかる。
誰にでも優しいことがいいことだと、日本人みたいには考えないというだけ。
大切な相手には惜しみなく そうでない相手にはそれなりに
きっちり使い分けているというだけ。
つきあってみると、そういう違いもなかなか興味深いものですよ。
みんな違って、みんないいんです。

中国でも日本でも、ネットなんかで反感をあおるようなアジテーションしてるような人たちって
実は個人的に交流したことがない人たちなんじゃないか?という気がするんだけどなぁ
[PR]
by majalis_k | 2010-11-22 21:15 | チャレンジ2008

D28 判定

結果から言うと今回もダメでした。

まあ昨日くらいから 自分の体が
赤ちゃんを迎える準備をやめてしまったんだな…という
気はしていたので、ああやっぱりそうですか、と。
多少なりとも心の準備はできていたように思います

結果待ちの期間は 自分の体に意識向きまくりなので
体温下がってきた?とか(数値にすると0.3度も違わないけど)
胸の張りや、体のむくみが引いてきたとか
わずかな変化も感じとれるようになってきました

私の前の診察の方は陽性反応だったようで
おめでとうございます!と声をかけられるのが聞こえてきました。
待合室は静かで、先生の声は大きいというか
とてもよく通るので、聞き耳を立ててるつもりはなくても
聞こえちゃうんですよねー(笑) 私と同じか
ちょっと上くらいの方と見受けましたが、診察室を出ると
逃げるように小走りで行ってしまいました。
まあ おめでたいこととはいえ、場所が場所だけに気まずいですよね…
くそー妊娠菌うつれ!と念じながら 診察室に入り
同じイスに腰を下ろしました(笑)
その直後示されたのが陰性を示す検査結果でしたけどね。
冒頭で書いたように、自分で何となくわかってたので。
大丈夫じゃないけど、オーケーです

G2でも妊娠する確率は2割なんだから、悪い結果とも言えないとか
卵巣機能の数値はいい まだ期待できるとか
先生の言葉。うれしいような 苦しいような。
私も応じて、引き続きできるだけのことはしたいと。
それは決して嘘じゃなかったけど、もし背中にもうひとつ顔があったら
もうやめたい お金も心配だし と言っていたかもしれない。

とりあえず次周期はお休み。フトコロも卵巣も休ませなくちゃねー
ちょっとホッとしている自分もいたりして。

なんだかんだ言っても 私は幸せなんだと思う。
何の不自由もなく、というわけにはいかないけれど
やりくりすればなんとかご飯は食べられるだけの仕事はあって
自分たちのお家に、オットと猫と まあまあ楽しく暮らしてる。
オットはちょっと怒りっぽくて口うるさいけど
基本的にはやさしい人で、私を大事にしてくれているのもわかる。
ちいさい子供を抱えてる友人や知り合いからは羨ましがられたりもする。
時間もお金も自由に使えてお気楽そうに見えるのだろう。
見た目ほど楽じゃないけど、実際そういう面があるのも否定しない。
いまのところ全然不幸じゃないと思う

だけど よくも悪くも 子供ほど圧倒的な力で
大人の人生や生活を変えてしまう存在もないと思う。
けっこう大人って ある意味できあがっちゃってるから
自分の意思や努力だけでは変われない部分も多い。
不規則な仕事してる私の周りでは特に、だけど
早寝早起き?3食手作りのご飯?禁煙禁酒?休日出勤&残業しない?
絶対ムリムリ…と言っていた友人や同僚たちが
子供ができた途端、強制リセットさせられて、いつのまにか
ムリムリ言ってたことを日常的にしっかりこなしてる。
それもけっこう楽しみつつ。

そして 習い事にいけば、子育てが一段落した
ママさんたちと机を囲むことになる。

…果たして 全部手に入れてるのはどっちなんだろうね?
うらやましいなんて 否定しないけど まあ 聞きたくない時もあるかな

ともあれ 同じことをくり返すたび、同じことを書いても仕方ないので。
不妊治療について次に書くときは、妊娠した時か やめる決意をした時でしょう。
便りがないのが良い便り、…いや良くはないですが^^; 
そのときまでチャレンジ2008実況もお休みとなります m(_ _)m

(誰もいないかもしれないけど)見守ってくださっていた皆様
ひとまず、ありがとうございました。何かしら変化がありましたらご報告します。
[PR]
by majalis_k | 2010-10-17 13:49 | チャレンジ2008

D17 判定待ち

D3~D9…フォリスチム注射とセロフェン内服併用で促進、卵胞4つ確認
D10…3個採卵(1個は空胞)うち2個受精
D13…受精卵1個の成長が止まる
D14…G2の4分割胚1個を移植

判定日はD28です

今回ははじめて注射での刺激を取り入れたにもかかわらず、
大して卵胞も増えず…途中の過程でどんどん数も減ってしまって
結局戻したのは、今までと同じ 1個のみでした
費用は大幅にアップしたのに…
1個では他の治療方法の選択肢がありません〜
(GIFTでは左右に2〜3個ずつ戻すので、相応の数が要るそうです)

今まで空胞もなかったし、採れたものはすべて
受精&分割胚までいっていたので、この結果には少なからず凹みましたが

1つ移植にこぎ着けただけでも、良しとするべきなのでしょう
グレードも最良ではありませんが、年齢を考えるとまずまずです

このあと デュファストン内服とともに、
ホルモン補充の注射を2回する予定

いまできることは 判定日まで心身健やかに過ごすことだけですね


今回が転院してからはじめての採卵/移植でしたが
病院によって細かいところでいろいろ違いがあるもので
興味深かったり 疑念が湧いたり 

採卵4個でも静脈麻酔?
移植時もホルモン値をチェックする採血はなく?
いきなりホルモン補充の筋肉注射を2本
煌煌と明るいオペ室?(ちと恥ずかしい) 
カテーテルもよく見慣れた普通のもの

独自開発の用具や培養技術など
先進性はKLCのほうがあるのかも知れません

でも 複数個移植や2段階移植、GIFTなど
KLCではできなかった治療方法に臨むために
S産婦人科に移ったので。たとえ今周期がダメでも
またこちらで再挑戦ということになると思います


治療が始まると、ダメだったときに備えての防衛反応かもしれませんが
心が厚いガラスに包まれたような感じになります
何を見ても聞いても、だんだん何も感じなくなっていって
思考もぐるぐる自分の周りを回っていて、どこにも行かず
ただよっているような感じです… 心臓が象の皮膚に包まれたみたい
いまは何も感じたくないし、何も決めたくないのかもしれません

。。。でも仕事だけはいつも通りにしなくちゃね 費用を稼ぎ出さないと^^;
フォリスチム注射は保険適用だと思っていたのですが、
無排卵など排卵自体がない場合の治療目的のみで、
複数個採卵目的の使用では全額自己負担になるそうです イタタタタ…(>_<)
自治体あっせんのローンを検討するほど 経済的にももうギリギリのとこまできています
頼むよ、お腹の中の卵ちゃん! 頑張って、もう終わりにさせてくれ〜
[PR]
by majalis_k | 2010-10-06 17:00 | チャレンジ2008

D3 治療再開

試薬で陰性が判明した途端、月のものが来ました ^^;
やっぱり想像妊娠だった? もしくは子宮鏡検査のあと
数日微出血が続いたので、内膜の回復に時間がかかったのかもしれない
なんて 勝手に推測してます

そんないきさつだったので、ホルモン値がさぞ乱れているのではないかと
心配していたのですが。。。採血の結果は「いいですね!30代の数値です」
とうれしいお言葉。おおお。イソフラボンや葉酸サプリが効いた?
それとも山登りやジムですこし体を動かしていたから?

悪いことばかり想像してしまうタチですが
現実はそんなに悪いことばかりじゃない、のかも

今周期はこれから排卵前まで
セロフェン服用とフォリスチム注射を併用し
複数個採卵を狙います
[PR]
by majalis_k | 2010-09-22 07:31 | チャレンジ2008