東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっぱりプロはすごい

自分の不器用さをかんがみて 一度はあきらめたものの 性懲りもなく
にゃんこ in 着ぐるみ フォー年賀状 チャレンジしてしまいました

古着使用 手のひらで採寸、型紙無用 と言う大雑把さ加減がたたり
なんじゃこりゃ と言う仕上がり これでは使用に耐えません 即ボツ決定です
ただ せっかくなので証拠一応写真を(何の証拠だ)
d0007553_1122456.jpg
d0007553_1124429.jpg


そこまで 嫌そうな顔 しなくたって それにしてもビンボー臭いです
ちっとも縁起良くなさそうです

やっぱりプロの作品には及びません 買っちゃおうかなー
[PR]
by majalis_k | 2005-12-12 01:21 | ネコの息子たち

まだまだ見積り調整中。。。

融資の件は、構造の変更によるマイナス評価と、増床によるプラス評価で相殺。
借り入れ可能額に変更なしと言うことで、クリアになった。

H建設から再見積りが上がってきたというので、T氏の事務所で打ち合わせ。
この時点では、まだ構造は総RC造のまま見積もっているのだが、
やはり340万オーバー。加重にやや無理のある地下部分の形状を見直し
鉄筋量を減らしたとしても、目標予算内におさめることは難しいだろう。
しかし予算を上積みするにしても、これほどの差額は捻出できそうにない。

ということで、やはり木+RCの混構造になる可能性が濃厚となってきた。
早くもラフな図面と構造計算が進みつつあるという。

地下の特徴ある形状、そもそも土の掘削量を減らしコストダウンになるということで
提案されたのだが、トップライトなども設けられ、いまや意匠的にもこの家の大きな特徴となっていた。私たちもおおいに気に入って、それも含めたデザインがT氏に依頼する決め手ともなったのだが。。。実はかえって高く付くものだということが、工務店の見積りによって判明した。…そんなこともあるんだ。

たとえば自分達、デザイナーが印刷のことを全て知り尽くしているわけではない。
印刷所のプロたちの助言や協力が不可欠だ。できると思っていたことができなかったり、その逆と言うことも往々にしてある。それと同じと思えば、特段失望するには当たらない、のかもしれないが。。。アタマは納得しても、気持ち的にはかなり、落ちる。

さっそく地下形状の変更案が提案された。パッと見は??? 
四角い杯、を想像してもらいたい。正直、ちょっと奇抜すぎるかな、と。
だがそこにいたる理由を説明してもらい、
またまたアタマは納得、気持ちはあとから…?、と言う状態。
それにしても、最初の形状の持つ魅力には、到底いたらないわけで。
しかし、ない袖は振れん、と言うジレンマ。

木造になることで、ルーフバルコニーの使い勝手、強度や防水、音や振動などは
どう変化するのか? など心配な点も多い 屋上緑化。。。夢と終わるか

デザインは構造や構造体のもつテクスチャから導かれている部分も多いはずで、
お金がないから素材だけ変える、デザインはそのまま、というのでは納得できないので 
たとえばまっさらな状態で いまの条件だとしたら どんな家にしたと思いますか? 
いまの形になっていたと思いますか?と 一応聞いてみた。
いまのままで問題ないと思います。 まあ予想されてた答えが帰ってきた
そりゃそうだ でも質問に対する答えになってない 意地悪かしら、私
実現性はとにかく 好奇心だけでも お考えを伺ってみたかったのだけれど

まあいいか とにかく 決めなければならない点はわかってる
決めるのは私たち。 決断して、先に進む、それだけ。…なんか打たれ強くなった?

選択肢1:このまま総RC造+予算上乗せ
選択肢2:地下、1階部分RC造+2階部分木造
選択肢3:地下部分RC造+1階、2階部分木造
あと、擁壁、土を残すか、撤去するか。
とりあえず、H建設から混構造での見積りを再度取ることになった
何度も申し訳ないが 検討材料としてどうしても必要なのだ
たぶん それを待って、今年は終わりそう

去年の今頃は住宅展示場をまわりながら 土地探しをしていた
それを思えば 前進前進 歩みは遅くとも 確かに進んでいるのだから
[PR]
by majalis_k | 2005-12-10 11:43 | 引っ越すまでのこと。

はたはた

…う、うまい。(T^T)

母方(秋田出身)の親戚から「はたはた」をいただきました。魚です。
子持ちのメスは「ぶりこ」と呼ばれます。口の中で卵が弾けるときの音から
その名がついたそうです(母談)。

子供の頃は、よく食べさせられましたが。乱獲で数が少なくなり、
近年まで漁獲制限や禁漁などが続いたようで、手に入りにくいものになっていました。
ごくたまにスーパーで見かけても、とんでもなく高くて。買う気になれず。
まさに20年ぶりくらいに食しました。

生のはたはたを氷水で洗い、臭みやぬめりを取ります。
しょうゆにつけて一晩。あとは普通に焼いただけ、なのに。激ウマー
こんなにおいしかったっけ? 子供の頃は正直あまり好きじゃなかったのに。

ああしみじみ日本人で良かったと思いますこんな時。
[PR]
by majalis_k | 2005-12-09 08:50 | スローハンド、スローフード