東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

早くもオットが。。。

ようやく工務店との契約も決まり、完成までの日程も具体化しつつあり
まずは一安心。。。と、思いきや。
オットがウツ状態になってしまったようです。。。困りました
よもや私より先に燃え尽きてしまうとは

いつも「お前はオバQか?」とツッコミたくなるほどの食欲も影を潜め
ふさぎ込んで愚痴ばかり言ってるかと思えば いきなり怒りだす とか
仕事も何もかもやる気ない、面白くないって感じで
これってテレビCMなんかでやってる「うつ」ってやつでわ?

なにしろ 現在のオットの社会的信用度(金銭力)をあちこちで天秤にかけられ
時にはローンを断られたり、という屈辱をなめながら
なんとか目一杯の借金をすることにして 建てることになった家が
すっからかんのがらんどう。。。は言い過ぎにしても
ごくごく最低限の機能と規模を備えるのみ、のものとなり果て
(すくなくとも彼の目にはそのように映っているらしい)
男のコケン、とやらが相当傷つけられた模様。。。。

建築家さんも罪っちゃ罪だよなー
はじめは予算を1000万円もオーバーするような
夢みたいなお家の絵を描いてみせておいて
でもお金がないでしょ?しかたないよね?って
じわじわとはぎとっていくばかり。。。それも半年もかけて
予算は伝えてあるのだから どうして最初から
適正規模もしくはそれに近いプランをみせてはくれないんだろ?
数百万、1000万は誤差の範囲、なの?

とまあ、同情の余地もなくはない のだが。

長きにわたって手を煩わせ、私たちの予算に収まるまで
根気よく手を尽くしてくれた、と見ることもできるわけで
ここにくるまで 何ら発言の機会を与えられなかった訳でもないし
ていうかすべての打ち合わせに同席し、常に話し合いの中心にいた訳で
さすればやはり、みんなの話し合い、協力や努力の結果、そして
要所要所で私たちが選択を重ねてきた結果、ここに至ったのだと。
すくなくとも私には 世界がそのように見えている

だから、オットの態度についイラついてしまう
みんなで額つきあわせて知恵出し合って やっとここまできたのに
何が不満なの? どうして一緒に喜びあおうとしないの?
…いけないと思いながらも 冷たくあしらってしまうのだ
こういうとき 理詰めであれこれ諭したり意見しても
功を奏さない、どころか むしろ逆効果 ということは
逆の立場で経験済み、のはずなのに
優しくできない自分に腹が立つ 自分の狭量さに傷ついてしまう
返す刀で自分も痛む、とはこのことか

我が家は自営だから 働く先も一緒だし いまは他に従業員もいない
間に入る人もなく ずっと顔つきあわせていて もはや決壊寸前
だけど…仕方がないか これが私の選んだ家族、なんだもん

深夜 ネコを膝に抱き そのぬくもりに慰められながら思う
このちいさな毛むくじゃらたちにさえ 私は遥かおよばない
たった一人の家族のこころを慰めることもできないのだから

ここがふんばりどころかも がんばれアタシ
きっと最後にはいい家になる 呪文のように 祈りのように
時が解決してくれるなら 時間よ はやく過ぎてくれー
[PR]
by majalis_k | 2006-01-31 19:18 | 引っ越すまでのこと。

お家で焼き肉。。。

夫婦そろって焼き肉は大好き。

だけど、家もつくるし、すこしでも出費をセーブしないと。。。
と思い、ホットプレートを購入しちゃいました
外で焼き肉一回分、のお金で買えちゃうんだもの。
お店では野菜が高くてあまり食べられないし。健康面でもベターかな、と。

お好み焼きだって、ホットケーキだって、
いままで私焼く人、ボク(オット)食べる人、だったのが
自分で焼いてもらえるので、ちょっとは楽になるんじゃないか
という下心もあったりして。。。

で、昨日は我が家で初焼き肉に挑戦。
スーパーで買ってきたお肉(OZ産カルビと牛タン)
たれはおろしポン酢とごまみそだれを用意。
お家で焼き肉なんて、子供の頃以来なのだ。

いただきまーす。。。。う、なんか美味しくない。orz

肉に牛独特の臭みが残って。。。肉質もさることながら
お店で炭火網焼きするのとはやっぱり味が違うんだ
パック売りのお肉じゃ しっかり火を通さないと心配だし。。。
でも噛み切れない〜(T_T)

お家の焼き肉では、下味をしっかりつけないとだめなんですねー。
一晩くらい漬け込んで、肉もやわらかくしておかないと。反省。
急遽思いついて、というんじゃ間に合わないんだわ。

でもなぜかオットはすごく喜んでました。。。楽しいね、って。
内緒でホットプレート買ったときはケンカになりかけたのに。
(ほとんど見た目と値段で選んだもので ^^; M社製というのも
絶対反対されると思ったので、相談しなかったのです)
やりかたさえつかめば、これは使える。にやり。
下ごしらえだけで後は各自調理、という鍋ものに匹敵する
主婦の味方メニューになりうるポテンシャルを感じたのでした。

ただ、翌日も残る室内のニオイが問題、かな。。。
[PR]
by majalis_k | 2006-01-29 14:15 | スローハンド、スローフード

あれれ?安くなってる。。。

T氏の事務所で、工務店の担当者と初顔合わせ。
細々とした減額案を反映した再々..見積り、を持ってきてくれていた。
本当に何度も申し訳ない m(. .)m

地下RC部分の形状の再検討によって、かなり減額できることになった。
造形的にはつまらなくなった、のかもしれないけど、やっぱりより単純な
形状の方が、手間がかからない分コストが下げられるんだなぁ。
デザインしてくれたT氏、S君はちょっと残念そうだったけど。。。
ゴメン、ない袖は振れないのだ。

そして、前回、あと○○万安くなったら契約しちゃってもいいんだけど。。。と
具体的な数字を出して契約を匂わせた作戦(?)が功を奏してか、
予算内におさまるよう、値引きを加えてくれることになったのだ。
いやー、吉報はあきらめた頃に思いがけず訪れるもの、なんですねー。

それでも予算枠いっぱいいっぱいだから たいしたことはできないけど
あきらめた設備 ちょっとだけ復活させられそうです
お風呂の水栓金具、とか ささやかな部分ですが
このところ切り詰めていくばかり、というのが続いていたので、
すごくうれしいカモ

銀行と融資条件の確認あれやこれやの話をして、
来月初旬、いよいよ工事請負契約の日取りが決まりました!
同時に建築確認申請を出して、つつがなく許可が下りれば、
3月頭には着工できそうです。やっと、やっとゴールが見えてきた。。。orz

予定通り着工できたとして、土地購入を決めてから着工まで、
設計期間だけでほぼ一年かかったことになります。
友人も、現在別の建築家さんと家作りをしているのですが、
やはり設計だけで半年かかっています。
(ちなみにハウスメーカーではプランニングから竣工・引き渡しまで、
半年くらいと言われました。)建築家、工務店と家を建てる場合は
それなりに時間がかかるのだなぁということを、あらためてしみじみと感じた次第。
もちろん、あらかじめその覚悟はしていた、つもりなんですが。。。
細部にわたって自分たちで決定しなければならないことがあまりに多いので、
長期にわたって、常に関わり続けることを余儀なくされるというか。
とにかく、仕事と並行して、家のことを考え続ける1年、というのは
思いのほか骨の折れるもの、なのでした。
その期間の賃貸家賃、駐車場代などの出費も考えると、
これから家を建てようとする人たちに、ぜひ建築家と建てようよ!と気軽に
おススメすることはできかねる。。。というのが、いまの正直な気持ちです。
(ただし、もしそれだけに専念することができる環境+予算に余裕があれば、
こんなに楽しいことはない、と言えるのかも知れません。。。
夫婦間でプロジェクトリーダーがどちらなのか、役割をはっきりさせられなかった、と
いう、自分たちの問題も実はかなり大きいんですけどw )

住み始めて何年かたつと、また違った感想が持てるのかもしれません。

設計が一段落ついたので、今度は家具やキッチン小物など ちらちらと物色中。。。
お金は残ってないけど (^^; 考えるのが楽しいのよね
[PR]
by majalis_k | 2006-01-29 02:22 | 引っ越すまでのこと。

蒸しパン リベンジの巻

このまえ料理教室で教わった「中華風蒸しパン」を参考に
全粒粉ホットケーキミックスで再チャレンジ

ああっ しまった キッチンスケールを事務所に置き忘れてきた。。。
郵便物の重さを量るのに持っていってしまったのだ しかたない
お菓子作りではちょっと危険行為だが、だいたいの量で強行 

ホットケーキミックス200g
砂糖(てんさい糖)大さじ10
卵3個
バター30gくらい
牛乳大さじ4

●砂糖と卵をボウルに入れもったりするまで泡立てる。

ここで登場するのが 買ったばかりの「ブラウン マルチミックス」
本当は「バーミックス」が欲しくて、延々悩んでたんだけど。。。
後者は卵の共立てができないということと、お財布の事情でこちらをチョイス。
(きのうは夜中にニンニクを粉砕→オイル漬けにしたりして遊んでいた)
さすがと言うべきか、料理教室ではあんなに苦労した共立てが
ものの5分くらいで終了して感動。 収納性がいまいちだけど、
心配したほどうるさくもないし、なかなかのコストパフォーマンスかも。

●粉を足してさっくりまぜあわせる。

マルチミックスを使っても低速で泡をつぶさず混ぜ合わせが可能、と書いてあったけど
ボウルの底の方で混ぜ残し、混ぜムラが出てしまうので、やっぱりゴムベラのほうが
いいみたいです。

●牛乳とバターをレンジで温め、生地に加え手早く混ぜ合わせる

●型に分け入れ、蒸し器で10〜20分蒸す。串を刺して何もついてこなければOK

教室では紙のマフィン型を使いましたが、家にはなかったので
花見のときに使い残った紙コップで代用してみました。半分よりやや下まで
生地を入れて、5個分になりました。実は蒸し器もないので、
そば猪口を沈め、お湯を張った大鍋に皿を入れ、その上に並べます

できあがり。

見た目はオーケーだったのですが、割ってみると、5つとも
中には大きな空洞が。。。 しまった、トントンして空気を抜くの、忘れました
前回の「栗入り」よりは数倍マシなお味でしたが、やはり紙コップは
中まで均一に熱が入りにくいのでしょうか そとは固め、中はちょっと生っぽい。。
教室のときのように、ふんわり柔らかにはなりませんでした

反省。
●ホットケーキミックスに元々入っているぶんもあるので、
砂糖はもっと少なくても良かった
●泡立てはもう少ししっかり、かつ滑らかに。マルチミックスは早く泡立つ分、
気泡が大きいと言いますか、きめが粗いような気がするので、仕上げは
中〜低速回転で滑らかな細かい泡をつくる。
●面倒がらず、ちゃんとお菓子用の型を買ってくる、と(笑)

あとは。。。前回もだけど、全粒粉、てのが敗因なのかなあ
香ばしくて好きなんだけど やっぱりふくらませる系には向かないのかも
まだ残ってるので 次はクッキーにします
[PR]
by majalis_k | 2006-01-21 21:35 | スローハンド、スローフード

いよいよ工務店と工事請負契約へ

木造にできるところはすべて木造にした。
あきらめきれないものまで含めて設備、内装を外しに外した。 なのに。。。
それでも90万円もの予算オーバーだそう がっくり

木造にすれば、少しは余裕ができて
いちどはあきらめたあれやこれを復活させられるかも知れないと
少しは期待していたのだが。夢のマイホーム、とはよく言ったもんだ 
叶わないことの方が多いから、なのね ルールルルー。。。

それでも、木造部分の坪単価を換算すると、80万円を超える
狭小とはいえ、木造としてはそこそこ「いい」お値段、のはず
だけど 高台の土地で前面道路が狭い、ということで
資材、機材の搬入を小分けにして行わなければならず、
手間や時間がかかるという つまり、お金もかかるということらしい

土地選びの段階で 平地に建てるよりは少々お金がかかりますよ、という
ことは言われていたが 「少々」の範囲が想定外だったわけで
まさに言葉通り、受け取ってしまっていた ちょっとくらいならいいか、なんて。。。
ちょっとくらい、ってどれくらいよ?というツッコミが なくはなかったが
当時は不動産屋もハウスメーカーも建築家も工務店も言葉を濁すばかりで
はっきりしたことは誰も教えてくれなかった(当たり前っちゃ当たり前、だけど)

それにしても ほんとうに RC造で発注した家が
天井から床まで構造合板むき出しの家になるとは夢にも思わなかった
外壁もガルバリウム鋼板になるかも。。。 メンテフリーという性能面ではいいんだけど
最初に見せられてたイメージとは離れ過ぎで 切り替えが遅いアタマではついていけない
これをミニマリズム的な美しさに昇華できるといいんだけれど。。。
せめて お金かける部分、かけない部分のメリハリはつけたかったなー
さよなら アイランドキッチン 床暖房 ガラスブロックの壁 坪庭
無垢材のフローリング タイルのお風呂 異国からきた水栓金具 and so on..(T^T)

とはいっても 考えてみれば

手に入れようとしている最中なのであって、まだ何も手にしてはいない 
だから、まだ何も失ってはいないのだ 
それを 手に入れた気になって 嘆くなんて馬鹿げているよね

T氏が言うには、工務店と請負契約を交わせば、現場監督が決まり、
手腕のある人なら総予算内でやりくりしてくれるので、まだ少しは交渉の余地が
残されているらしい。でもあんまり期待しても あてが外れてはつらい

ここまでがんばってきたけれど とうとう予算オーバーのまま
請負契約へコマを進めることとなった

予算オーバーって、あれもこれもと欲張った結果なのかと思ってたけど
そうでもないことも あるんだね

気を取り直して 楽しいことを考えよう そうだ、家具の配置とか ネコの居場所とか
少なくとも ようやく着工に向け、見通しが立ったことは 本当にうれしい
[PR]
by majalis_k | 2006-01-21 04:38 | 引っ越すまでのこと。

ふたたび設計中。。。

構造を総RCから地下RC、地上木造の混構造に変更。
隣地から3mほど高くなっていた、西側境界の擁壁と土を取り除く方向で
再度設計や構造計算、工務店の見積りを同時に進めてもらっている、のだが。

T氏より提案された変更プランがどうも微妙に気に入らない。

特にオットはかなりの難色を示していて、事態はこう着状態。
もとより途中変更が大嫌い。柔軟性がなさすぎるというか、
とにかく前のイメージに対するこだわりが強すぎて、聞く耳をもたない。
もっとも、前のプランだって、いちばん最初に見せられたときは
あんまり気に入らない様子だったのだが。。。
当の本人はそんなのすっかり忘れているのだろうか。
とにかく、これだったら前に戻してほしい、の1点ばり。
(だからそれは予算が足りないんだってば。)

私のほうは、細かい部分でいえば、どうしても直してほしいと思うところが
いくつかあるが、それさえクリアできればこのまま進めてもいいと思っている。
どちらかというと、夫の頑固さに辟易している方が大きいかも。
だけど、T氏の前で夫婦喧嘩を始めるわけにはいかないし、
家に帰って話し合っても平行線のまま。もう疲れた。
だってぜんぜん建設的、協力的、前向きじゃないんだもの。

前のプランにだって、いいとこばかりではなく、妥協した点も少なからずあった。
同様に、今のプランにだって、よい点、魅力がないわけじゃない。
見ようとしないから見えないし、ろく検討もせずに「話が違う」と怒ってばかり。

たしかに。。。こんな家を造りたい、と思い始めた頃に集めた雑誌やスクラップを
しげしげと眺めると、思えば遠くへ来たもんだ、という気持ちは否めないし
実施設計が終了した時点で、ほぼそのままの家が建つと思っていたので
オットの気持ちはわからないでもないけれど。

でも家って、住みながらつくっていくものでもあるでしょう。
家庭があって、その容れ物にすぎない、って部分もある。だから
逆に容れ物に執拗にこだわればこだわるほど、なんだか自分たちが薄っぺらいような
気もしてきちゃう、今日この頃。住み手としての力量に自信がないみたいで。

もう100点満点じゃなくて70点でいいから、とにかく早くできてほしい、
せめて見通しが立ってほしい、というのが今の正直な心境。
8月の賃貸更新のタイミングに間に合わせるのも微妙な情勢になってきた。
竣工予定は計画当初からもう4ヶ月も延びている。おそらくさらに延びるだろう。
その間の毎月の家賃等を考えると、その分で床暖房くらいはつけられたろうに、と
思ってしまうのだが。。。皮算用をしてみても始まらない。空しいだけ。

最近行ってきたお料理教室の先生のお宅も、ごくごく普通の古いマンションだった
けど、とってもおしゃれですてきで、心地よいお住まいだった。
暮らし方次第なんだな、結局のところ。だんだん自分の家になっていくんだ。
[PR]
by majalis_k | 2006-01-14 17:03 | 引っ越すまでのこと。

遅ればせながら

あけましておめでとうございます
今年もマイペースで続けて参りたいと 思っております
…って宣言するほど ほめられた心意気ではありませんが

連休に挟まれた 年末年始ということで
休み直前まで仕事がバタバタになってしまい ...orzグッタリ
なので お正月はほぼ寝正月、でした

クリスマスには オットから
体脂肪計付き体重計をプレゼントされました
それってどういう意味だよ。 と一時は腹が立ったものの
やっぱそういう意味だよな。 と胸がイタかったので
元旦から早朝ジョギング始めました
いきなり4kmを走って 半日寝込みましたが
2日目からはなんとか休まずに 走り通すことができるようになりました
できなかったことができるようになる、というのは
いくつになっても嬉しいものですね
目指せホノルルマラソン などと いきなり強気になってみたり
10倍の距離だよ オイ

しかし お正月というのは 始終何かしら口にしてしまうわけで
いまのところ あまり数値的な変化はみられません 残念ながら
2人暮らしって お正月向けに作った食べ物が なかなかなくならない
つい もったいないから、なんて無理にでも食べてしまおうとするし
少量だけ作るのは難しい じゃあ作らなきゃいいじゃん、ってなると
「ろくに料理もしないヨメ」という目で見られるし

なんてこと言ってると 同じ星の上で飢えや渇きに苦しむ人々がいるのに
申し訳ないよなあ 走ってる土手沿いや公園にも ホームレスのブルーテントが
ずうっと連なっているのに その脇を 食べ過ぎて走る自分 なんかハズカシイ
[PR]
by majalis_k | 2006-01-05 17:28