東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花火大会メニュー

ビールに枝豆、出前のお寿司、というのが定番ですが
サイドメニューに何を作ろうか、というのが悩ましいところ。。。
考えるのもつくるのも好きなので さほど苦というわけではないのですが

自分と同世代〜少し若め、という ゲストの年齢層を考え
また、引っ越しを控えてストック品を使い切ってしまいたいと言う
こちらの勝手な都合もあり(汗) 今年は和食メニュー中心になりました

ちなみに 我が家のストック品は ひじきや大豆の缶詰、切り干し大根、
干し椎茸、乾燥わかめ、高野豆腐など 和食っぽい食材が中心です
あとはトマトの水煮缶やツナ缶 干しえびや乾燥木耳などなど
スープストック(だし)は和洋中各種 これらと乾麺、冷凍の野菜や肉魚類、
根菜類など日持ちのするもの、プラス季節の野菜で献立を組み立てています

子供の頃は 煮物や、いわゆる常備菜的なおかずは
あまり好きではありませんでした 好き嫌いはなかったので
いちおう食べはしましたが。。。。
グラタンとかスパゲティとかハンバーグとか唐揚げとかいったもので
おなかがいっぱいになったら、どんなに幸せだろうと思っていました
お弁当のふたを開けて おかずはみんな醤油色。。。でがっかり
フタでこっそり隠すようにして食べたこともあります

でも、20代後半あたりから、脂っこいものを身体が欲しがらなくなり
定番の煮物なんかがしみじみおいしいと感じるようになってしまうのだから
不思議なものです

ゲストを迎えるため、掃除やら何やらで目の回る忙しさの合間に
料理をするのには 煮物が楽なんですよね。。。おせち料理とかも
きっとそういう事情でできたんだろうな、と思ったり
調味しただし汁に材料を放り込んでタイマーセット、を
なんどか繰り返し できたメニューが
・高野豆腐とインゲンの煮物 別に濃いめの味に煮付けた干し椎茸を添えて
・タケノコとわかめの煮物(若竹煮)
・五目ひじき煮
ネタ帳はこちら

枝豆をゆでるために沸かしておいたお湯で サッと湯がいた小松菜を
味噌風味のごま和えに仕立て

子供もいるので 鳥の唐揚げも作りました
下味におろしニンニクを使う時、 私は日本の醤油に
ナンプラーを少し加えます おろし生姜は定番
ホワイトペッパーを多めに振り入れ ピリ辛風味に
めちゃくちゃビールに合う味になりますので
ぜひお試しあれ。。。って 子供向けだったはずなのに(笑)
ついつい飲んべえスイッチが入ってしまいます

結果。。。 売れ行き一番は やっぱり鳥唐
みなさん胃袋が若いのね つづいて若竹煮
やっぱりひじきや高野豆腐の煮物は
ごちそう感がなさすぎたのか 少々残り気味
でもこの機会に一気に調理、消費できたので 助かりました。。。
2人家族だと なかなかまとめ調理ってしないので
今週は小出しにして食べるだけ 食事の支度が楽になりました にや

反省としては もうちょっと肉っけ多くすべきでしたね
焼き鳥買って来てくれたゲストがいたので 助かりましたが
たとえば冷しゃぶサラダとか 肉も野菜も、和でもなく洋でもなく、という
メニューがあるとバランスよかったかもしれないです

冬は鍋物という手があるから 比較的悩まないんですけどねぇ
[PR]
by majalis_k | 2006-07-30 17:45 | スローハンド、スローフード

梅雨の晴れ間

施主支給の設備品を届けに 約2週間ぶりに現場を訪れました
雨続きですこし遅れてしまった工程を取り返そうと
職人さんたちが黙々と作業に集中しています
浮かれて写真撮影したり うろついたりするのも
なんだか はばかられて
今日の報告も写真なしです。。。 ごめんなさい

雨のため 外壁のモルタル塗りが始められないまま
内装仕上げが始まってしまったので
外から養生した窓が開けられず 室内は溶剤のニオイが充満
作業されているみなさんが 体調を崩してしまわれないかと
ちょっと心配でした 私も少し頭痛がするほどでしたから。。。

毎週 現場の写真を設計のS君が送ってくれるのですが
実際に自分の目で見るのでは やっぱりずいぶんと印象が違います
全体に壁が白く塗られたことで、すこし暗いのでは?と心配していた室内に
柔らかで自然な光がまわるようになっていました 

写真ではすこし黒すぎるように見えた 造作キッチンの塗装も
実際に見るとイメージ通りの仕上がりで大満足
失敗したかな、と悩んだ天板下の脚部も 養生が取れてみると
思ったよりも気にならず 良かった〜と胸を撫で下ろしました

「コレどうなのよ?」と 小さいことにくよくよしたり
「コレすごくいい!さすが〜♪」と有頂天になったり
どうも浮き沈みの激しい 我が家つくりでして
ハタから見たら バカみたいに見えるのかもしれないです
ときどき我に返っては まるで必死だな。。。と 恥ずかしく思うことも
あります。。。まさに 木を見て森を見ず
落ち着いて全体を見回してみると 自分にはもったいないような家(自画自賛?)
だったりして しかも世界にたったひとつのカスタムメイド
私ってば 罰当たりだったかな、と反省しきり

トップライトから差し込む強い日差しに夏の到来を感じ
これからは こうして季節を感じながら暮らせるんだなぁ と
うれしく思った午後でした
[PR]
by majalis_k | 2006-07-27 01:51 | 引っ越すまでのこと。

引っ越し業者の見積り

あまりたくさん相見積もりをとっても 断るのが面倒なので
口コミ情報の掲示板で 比較的 評判の良さげだった
2社からとることにしました

業者を使った引っ越しは 以前一度だけ、経験したことがあります
コアラさん、でした 見積もりにきた営業さんも手慣れた感じで
当日の仕事ぶりは可もなく不可もなく、といったところ
値段の安さからすると 全く不満はありませんでしたので
今回もそこにお願いするつもりだったのですが
口コミの評判があまりかんばしくないようで。。。 どうも
作業員によって当たり外れがあるらしい、という印象を受けました

ネットでの情報がどこまで信頼に値するか、という問題はありますが
今回は新築ということもあり ちょっと慎重になってしまいます
まあ運ぶもの自体に たいしたものはないんですけどね
家具はネコのツメやら掃除機を当てたりで もともと傷だらけだし。。。 (^_^;
でも いちおうトラブルを避けるため 目立つ傷は補修しておこうと
ハンズで補修キットを買ってきました 

見積もり依頼は各社のHPからメールで送信したのですが
アリさんは送信から30秒後くらいに電話がきて
その早さにびっくりさせられました もう一社のクロネコさんも
15分後くらいにはレスがあり 競争の激しさをかいま見た感じです
どちらも電話対応は丁寧でした

同じ日に 時間をずらして来てもらおうと思ったのですが
週末はやはり依頼が多いのか、こちらの希望どおりにはいかず。。。
アリさんが1日早く、平日にやってきました

アリさんは引っ越し作業員と営業が兼任のようですね
なので 引っ越しが集中する土日は 見積もりに回れる人員が少ないらしいです
ハキハキと礼儀正しい対応が好印象でした もっとも自分たちの引っ越し当日に
その人が来てくれるとは限らないようですが。。。
作業員全員身元保証付き、とか 新居到着後の靴下履き替えサービス、とか
特徴やサービス内容の説明をひとおおり受け まあそれ自体が決め手に
なるほどではないかな、とは思いましたが 比較的丁寧そうな印象は受けました

最近引っ越しした知人の話ではおまかせで20万くらい費用がかかった、と
聞いたのでドキドキしていましたが 梱包は自分たちでやることにしたという
こともあり、見積額は想像していたよりもはるかに安かったです
これは業者による価格差というより 家族構成が違うので 私たちのほうが
荷物が少ない、ということだろうと思いますが ちょっと拍子抜けするくらい
それにしても 押し入れや物置を開けたり、散らかった家の中を
隅々まで見られるのが結構恥ずかしいし こんなのが何回も続くのは
ちょっと嫌かも。。。と なんと その場で即決してしまいました(爆)

あとでクロネコさんにはお断りの電話を入れました
こちらでも 比較レポートを書くつもりだったのですけれど
根性なしで すみません。。。

段ポールは50箱まで無料なんですが多めにおいていきます! と
サービスしてくれたのはいいけど 引っ越し予定まであと3週間
置くところに相当困るんですけど。。。 ネコの格好のつめ研ぎになってるし 
やっぱりおまかせにすればよかったかなぁ
[PR]
by majalis_k | 2006-07-23 07:59 | 引っ越すまでのこと。

雨続きです。。。

今年の梅雨は 晴れもしないけど 雨も少ないね、なんて
思っていたのですが このところ それを取り返そうとするかのように
大雨が続き。。。 外壁のモルタル塗装が大幅に遅れています(汗)

ですが 家の中では すこしづつ 家具取り付けや塗装が進んでいるようで
d0007553_1145499.jpg

造作キッチンが運びこまれ、塗装が終わったところです
あとは天板やコンロ周り、レンジフードにステンレスが貼られます
ガスコンロ、オーブンは国産メーカーのコレ↓がつきます
d0007553_1242975.jpg

はじめは海外のメーカーでデザインの良いもの、と考えていましたが
結局 価格面と、故障した時などのことを考え。。。 最大の決め手は
魚焼きグリルの有無(笑) 我が家は割と頻繁に焼き魚が食卓に上るので
いちいちオーブンを立ち上げるのも時間かかるし ニオイもつくし
他に専用の調理器を買うのも ごちゃごちゃしそうで嫌、ということで。。。
こと食に関しては デザイン<実用性、になってしまいます

それにしても 天板下の支えの板を 白く塗ってしまったのは失敗でした
壁と同色にして目立たせないように、と思いオーダーしたのですが
なんかかえって違和感が。。。orz なので
入居してからこっそり塗り直そうと思ってます (S君ごめん)

畳スペース上のダウンライトも取付中♪
d0007553_1351853.jpg

ロフトの床厚が薄いので 埋め込み部分の浅い機種を探すのに苦労したようです
[PR]
by majalis_k | 2006-07-22 01:39 | 引っ越すまでのこと。

いよいよ内装

まずは壁が 白く塗られていきます
d0007553_17295821.jpg

d0007553_17301496.jpg


外壁はモルタル下地の養生中。。。だんだん完成に近づいていきます
ここで暮らし始める日も近いわけで うれしいような 緊張するような

ようやく引っ越しの日取りのメドもつきそうです 見積りをお願いしなくちゃ。。。
家具やカーテン類など まだ懸案事項もたくさん残っています もうひと頑張り、です
[PR]
by majalis_k | 2006-07-13 17:38 | 引っ越すまでのこと。

い、遺産相続?!

父の出身地の役所から
ある土地を公共工事のために寄付してもらいたいのだが
その土地の遺産相続人に私も名を連ねているので
同意してほしい、という旨の文書が届いた

へえ なんだか小公子? 小公女?どっちだっけ とにかく
昔読んだおとぎ話みたい、ですね 遺産相続なんて。。。
一夜にしてお姫さまに 執事が馬車で迎えにきたりして

現実はというと 九州の中でも相当田舎といっていい
村落にある ごく普通の一宅地と少々の田畑 
祖父の代から数えて ものすごい数(三十数名)の
相続権利者がいるということでして
そんな夢みたいなことが起こるはずもありませんが
(それにしても 人間って3代でそんなに増えるもんなんですねー)

祖父は父が幼い頃に そして父も私が子供の頃に逝ってしまったので
詳細はよくわかりませんが 何しろ遠隔地ということもあり
父の死後は 親戚との付き合いも希薄だったし。。。
ただ法的手続きが 節目節目できちんとなされていなかっただけ、というか
その辺は田舎らしいおおらかさというか いちいちそんなことしなくたって
あそこん家(今の住人は父の叔母一家)のものに決まっとるでしょう、という
暗黙の了解のまま 数十年の歳月が流れた、というだけのようでして
私とて それに異議があるはずもなく ハンコをついて 送り返して ハイおしまい

かき立てられた妄想ほどに 現実はドラマチックじゃなかったみたいです
[PR]
by majalis_k | 2006-07-11 19:11

塗装サンプル検討

d0007553_2135261.jpg
内装の塗装について おおよその方向性はFIXしましたが
塗料サンプルを検討したところ 既存の色ではイメージに合うものがなく
塗装屋さんに特色を練ってもらうことになり

サンプルが上がってきたので、実際の室内の光の下で検討したほうがよいだろう、と
雨の中、現地に出向きました

実は着工してからいままで 天気の悪い日に家を見に来たことはありませんでした
開口は少ないけれど それなりに明るいと思っていた室内が 意外に暗く感じられたり
天井裏がない陸屋根なので 屋根に落ちる雨の音が 思いのほか大きく響いて聞こえる
などなど いろんな新しい発見がありました
雨の音は嫌いではないので むしろ心地よいのですが。。。
南道路で日当たりは悪いほうではないとはいえ 向かいの家との距離もさほどないわけで
都心部では 昼間から電灯をつけるような生活も 仕方ないのかな、と
ちょっとしょんぼりしてしまいました  一応「明るい家」が希望だったのです

ま 建築家さんも魔法使いではありませんから
希望をすべて叶える、というわけにはいきませんよね ないものねだり、かな
[PR]
by majalis_k | 2006-07-06 22:50 | 引っ越すまでのこと。

【愚痴】ちいさくてかなしい

※毒を吐きそうな予感でイッパイのときには、
タイトルの頭に【愚痴】等々、お断りをいれることにしましたので。
毒に当てられたくない方は どうかスルーお願いします m(_ _)m

夫婦喧嘩の種って ちいさくてくだらなくてかなしい
ていうか くだらなさと 腹立ち度はなぜか正比例するらしい

台所の シンクの脇に ゴミ箱があります
不燃ゴミと可燃ゴミ 2段重ねで それぞれにフタがついています
オットが そのフタの上に、ゴミを置いておくんですよ。

私がゴミを捨てようとすると、まずフタの上に置いてあるそのゴミを
どかす=捨てる、という 余計なワンアクションが生じるわけであり
ここまで持ってきたんなら 開けて中に入れりゃいいんじゃないのか?と
不思議に思うわけです。

そのほかにも、洗い物をしようとすると、流しに 野菜くずやら豆腐の容器やら
レトルトのパックとかカップラの容器とか、が置いてあったりするわけです
正直洗い物は苦手でして ただでさえどっこらしょ、と重い腰を上げて
取りかかろうというときに まずはここからかよ...となると相当萎えます
繰り返しますが、ゴミ箱は流しのすぐ脇に置いてあります
ほんの30cm程度の移動が何故できないのでしょうか? 不思議で仕方ありません

このまえ 友人と飲んだときに アルコールで自制心がきかなくなり
つい愚痴やらボヤキやらのオンパレードになってしまい。。。
帰ってきて これじゃイカンな、溜め込んじゃイカンと思ったばかりなので
今朝、思い切って聞いてみました 「なぜ、ゴミを捨てずに ここに置くのか?」と
いきなり責めるのではなく まずは理由を聞こうじゃないの、と
できるだけ穏やかに尋ねたつもりです ですが

結果 いきなりの逆ギレです
「後でやろうと思った」「まとめてやるのが俺の流儀」
「そんな細かいことで俺はお前に口出ししたことがあるか」だそうで
はいはい。。。さようで orz

でもずっと置いてあるのよね? いつも、なのよね?
結婚して6年、なのよね?
1度や2度や3度や4度、忘れたこともある、って言うくらいなら
私だってワザワザ口に出したりしませんよ
自分だってそんなにしっかり者じゃないって 激しく自覚してますから
敢えて人の落ち度を指摘するときには
それ相当の観察の結果あってのことなんですよ

だけど こういう習慣に関する言い合いの時って いくら正論を持ってしても
いつもはヌケてる私のほうが断然分が悪い
お前だって あれだって これだって、と いくらでも出てくる出てくる
あのー この際、それは関係ないのでは?と口を挟むと
「関係ある!」の一点張り ガキのケンカじゃあるまいし はあ
なまじ しっかり者のつもり、のほうが プライド高くて始末に負えんわ

ああもう 言うんじゃなかった 朝から気分ワルー
フタの上のゴミを 黙って捨てる生活を続けたほうがよっぽど楽だったと後悔しました
だけど こういう小さな我慢って 積もり積もって後から効いてくるんだから
もうどうなっても しーらないっと
[PR]
by majalis_k | 2006-07-06 20:47 | 引っ越すまでのこと。

ありがとう 棟梁(涙)

d0007553_2573697.jpg

いつの間にか 木工事は終わっていて
大工さんたちは次の現場へ。。。と聞かされて ドびっくり
最後の仕事はこのクローゼット キレイに作ってくれていました

もう現場に行っても会えないんだぁ なんだかさびしいな
ちゃんと挨拶もしてないのに。。。そんなものなのかしら さびしいなぁ

この後は左官工事、塗装、設備取付けに入ります
出来上がりはすごく楽しみなはずなのに だんだん終わりが近づいてくると
なんだかさびしくなっちゃって そわそわと落ち着かないのはどうしてかな
[PR]
by majalis_k | 2006-07-01 03:14 | 引っ越すまでのこと。