東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

至仏山(しぶつさん、しぶつやま) リベンジの巻

昨年初夏、入山禁止のため登れなかった
至仏山に再チャレンジ。

秋の紅葉シーズン真っ盛りの週末
おまけにこれ以上望めないほどの秋晴れ、とあって
相当の混雑を覚悟していましたが、
寝坊してちょっと出発が遅れたせいもあってか
沼田ICから戸倉までの道行きも渋滞なし。
戸倉の駐車場にも待つことなく すんなり
車を入れることができました

都内の自宅を出発したのが午前4時
戸倉到着は午前7時30分 およそ1時間に1本の
鳩待峠行きバスにどうにか間に合いそうです
(ここから先はマイカー規制のため、一般車両は入れません)
駐車料金は1000円/日、バスや乗り合いタクシーは
片道900円/一人。。。 自然環境保護のため 
ちょっと痛い出費ですが 仕方ありませんね

戸倉周辺はまだ木々も緑を保っていて
ありゃ ちょっと早すぎたかな?と思いましたが
バスが鳩待峠に向け 高度を稼ぐにつれ
道の両側の木々が色づいていきます
黄金色の葉を透かし 漏れる光も黄金色
夏はうっそうとしていた森の中が
明るい光で満ち満ちています 尾瀬〜戸倉にかけては
黄色に色づく樹々が多いようですね

至仏山山頂に向け 鳩待峠を出発
道はよく整備された木道がほとんどで
傾斜のキツい箇所も比較的少なく
まわりの景色を楽しむ余裕も十分
幼児〜小学生くらいのお子さん連れの
ハイカーも多く見かけます
天気にも恵まれ。。。なのにカメラを忘れた自分 orz

ただ 道の両側にはあまり背の高い樹が生えておらず
紅葉の森の中を歩く、という感じではないです
至仏山は蛇紋岩という 固くてつるつるした岩で出来ているので
植物が生えにくく 高度の割には森林限界が低いのだそうです
でもそのかわり、というか そのおかげで
まわりの山並みや尾瀬の湿原がよく見渡せるので
天気さえ良ければ 歩いている間中 パノラミックな景色が楽しめます
赤銅色の雲が湧き立つような紅葉を眼下に見下ろし
山々の稜線をそっくり真似たかのような雲の峰々が
幾重にも重なるむこうに 富士山の頭ものぞいて見えました
風がない日の稜線歩きって楽しい♪

山頂到着は午前11時 予定していたコースタイム(3h)通り
山頂は岩がちであまり広くはないです
昨年の雨飾山なみの混雑を予想していたのですが
それほどでもなく 記念撮影こそちょっと順番待ちしましたが
ゆっくりと昼食をとったあと 小春日和の日差しを浴びて
ちょっとお昼寝。。。あまりに気持ちよくて
危うく本格的に寝てしまうところでした

下りは山の鼻に向け出発
こちらのほうが傾斜がきつく 蛇紋岩がおそろしく滑りやすいので
高所恐怖症の私は緊張しっぱなしで疲れました
高所恐怖症、とは実は落下恐怖症なんですね
高さそのものより 「落ちる」危険性の高さ、が怖いのです
(だって 柵や壁で囲われていれば高いところでも平気だし)
たとえ地面に足がついていても 落ちる、滑るが恐ろしく
一緒に歩いていたオットが呆れるくらいのへっぴり腰に。。。
天気がいいから、濡れてないから、と
高をくくっていたのですが 人の通り道は水の通り道
わき水で結構ぬかっているところもあり 濡れた靴裏で
岩に足をのせると。。。ツルリ ときます
そんなわけで下りはコースタイムを少々オーバー
2時間20分の予定を3時間近くかけて
ゆっくり慎重に下りてきました

這々の体で尾瀬ケ原に近づき 再び森林地帯に入ると
あたりに漂う濃〜いケモノ臭。。。熊とかすっごくいそうな感じが(汗)
もっとも こちらがおじゃましてる側なので
すたこらさっさと通り過ぎます
人が怪我したり、の被害も出ているから 仕方ないのでしょうが
今年もテレビで 熊が射殺されたニュースを多く目にするので
ちょっと心が痛みます

山の鼻から鳩待峠に戻る道は それはもう
ニヤニヤしてしまいそうなくらい キラッキラに色づいた
紅葉の中を歩く散歩道 日光や上高地のように色とりどり、って
感じではないですが 文字通り輝くばかりの黄金色
傾斜も緩いし 木道もこちらのほうがよく整備されているので
紅葉そのものを楽しみたい向きには こちらがおすすめかも
足下には 夏に目を楽しませてくれた水芭蕉が
ぐったりと萎れていて めぐる季節といのちの営みを感じさせます
鳩待峠に戻ったのは午後3時半
4時半頃にはバスが終わってしまうので要注意なのです

楽しかったけど もう足がくたくた
立ち寄り湯で 疲れをほぐしついでにストレッチ
使った筋肉を できるだけ早く よーくのばしておくと
乳酸がたまらず 翌日ほとんど筋肉痛になりません
。。。なんて ジムのトレーナーの受け売りですが
ホントによく効くんです お試しあれ

アクセスも悪くないし ハードなコースではないし
アフターもいろいろ寄れるところが多いし
ふと思い立って日帰りで楽しむには良いコースですね
[PR]
by majalis_k | 2006-10-15 14:00 | 街の外へ出てみたり。

ネコ ダイエット中

昨日からダイエットを開始
私の、ではなく 猫たちの、です

彼らが1才になった頃
つまり成猫になった時の体重3.5キロが理想体重なのだが
現在の体重は7キロ超の2匹。。。 倍になってる orz
2年くらいかけて 徐々に落としていこうと計画中

カロリー計算をし直した結果
彼らの好きなウエットフードはそのままの量をキープして
ドライフードをこれまでの半量近くまで減らすことにした
案の定 明け方を待たずして フードボウルは空に
それから朝ご飯の6時までの数時間 枕元で髪をむしられたり
胸ぐらをガシガシたたかれたり(最初は肉球 だんだん爪が出てくる)
手足の指という指の腹に犬歯を突き立てられたり
ベッド脇のカウンターの上からみぞおちの上にダイブ(7kg!)されたり。。。
などの猛攻に耐える私 その隣で高イビキ、のオット
なんでいつも私だけ、なんだろうなぁ
こんな調子で こちらが 寝不足で参ってしまい 
いままでのダイエットは何度となく挫折に終わってきた

今回は一計を案じ 鰹だしや、ささみのゆで汁のジュレ
(柔らかいゼリー)を寒天でつくり ウエットフードに混ぜて
ボリュームアップを計ってみた
慣れた味しか口にしないぽんきちは やっぱり食べようとしないのだが
食いしん坊のちうすけはぺろりと平らげ 好感触
でも 茹でたささみを割いたお手製のおやつは
どちらにも食べてもらえず 涙。。。親の心(ネ)子知らずorz

あとは朝どんなに寝ぼけていても 仕事帰り疲れていても
ドライフードは目分量でなくちゃんと計る
体重も毎週こまめに計って目標達成をチェックする
まずはこの作戦でどれだけ減るか 。。。
我ながら 自分のダイエットより熱心だなしかしw
[PR]
by majalis_k | 2006-10-06 22:38 | ネコの息子たち

ようやくLAN工事完了。。。

いま利用しているケーブルテレビ会社に
インターネット接続サービスを申し込んだのですが
申し込み、宅内調査(8月下旬)から1ヶ月以上。。。
あんまり催促するのは好きじゃないので
それぞれ1週間から10日くらいは大人しく待つことにしているのですが
あまりにもなしつぶなので 見積りの回答を催促
それを受け 不要な工事や機器を省いての再見積り
それも返事がないので催促 工事日の連絡もなかなかないので催促。。。と
催促すること3回 orz
どうやら 担当営業、LAN構築・設定サービス、施工、の作業ごとに
外注業者が細かく分かれているらしく リレーションが良くないみたいです

たとえば。。。
モデム取り付けにきた業者から「どこに付けるんですか?」って聞かれてビックリ
その配線経路決めるために事前調査に来たんじゃないの?ってきいたら
それは別の業者だから自分たちは知りません、って。。。
だいたいモデム工事とLAN工事が別、って言う説明も 向こうからは無かったし
もう顧客満足No.1のTEPC○にすれば良かったかな。。。と 後悔しちゃいました

その間、自宅でメールのチェックや調べものもできないし
週末にこぼれたちょっとした仕事も事務所まで行かなくちゃならないし、で
ネットがないと これほど不便を感じる生活にシフトしてしまっていることに
あらためておどろきを感じました

で、先週やっとモデム工事
(外からすでに引き込んである線に モデムを取り付けるだけ)が終わり
今日LAN工事
(すでに壁内を配管済みのパイプに クロスケーブルを通すだけ)が終わり
ようやく 自宅でネットが使える環境になりました

引き込みからやるならともかく この内容で
どうしてこれだけ待たされるのか いまいちよくわからないけど
時間がかかるならかかるで言ってくれればいいのになぁ。。。
と思って 作業レポートに目を通したら 業者は9月上旬に見積り出してるみたい
ということは 担当営業のところで止まってた、というのが真相のようで
催促の電話入れた時は 業者に急がせます、みたいな感じだったのに orz
アウトソーシングもいいけど なんだかなぁ 問題があればなすり合い、だな
これで4万円以上かかるっていうし。。。
(それでも半額割引なんだって ちなみにルータ、ハブは手持ちのものを使用)

自分の仕事でも言えることなんだけれど
形の無いサービスと対価のバランスって 払う側に回っても
払われる側に回っても つくづくむずかしいよなぁ
満足するしないって 多分に気持ちの問題だったりするし
[PR]
by majalis_k | 2006-10-03 13:26 | 小さな家での小さなつぶやき