東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「お互い様」ではあるけれど

一番断捨離したいもの
それはオット…とかいう恐ろしいアンケート結果が
とある女性誌に載っていましたが。

先日のこと。

天井の雨漏り修繕が入るので ベッドを動かしたら、
手の届かないスキマからオットの塗り薬が出てきたんですよ。
皮膚科でもらったやつ。寝る前につけるつもりで、
サイドテーブルに置いておいたのが転げたんでしょうけどね。

明らかに数ヶ月は経っていて
中身も変色していたし 塗り薬なんてワセリンが主なわけで
ベトベトしたところにホコリがはり付いてもう(汗)
ギャー!ばっちいのが出てきたー!!って感じだったので
そっこーゴミ箱に放り込みましたよ。

なにしろ皮膚科に行くたび同じ軟膏もらってきて
家中にゴロゴロしてるし。そうでなくても
数ヶ月それナシで過ごして事足りていたわけで
つーことはもう要らないでしょこれ、と思いませんか?

で さらに数週間経った今朝、出かける前に
その軟膏を塗りながら「一個なくなった」
(それさえいつの話だよww)とか言うから

出てきたけど変色してたし捨てた、って言ったら。

怒るんだよねーこれがwww

意味わかんないから 喧嘩にもならないけど。
腐ってようがなんだろうが「勝手に」「断りなく」というのが
気に入らないらしい

ならば言わしてもらうけど

私が旅行に行ってる間、ネ○カフェの空き瓶「勝手に」捨てたよね? 
いつも詰め替え用を買って入れ替えてるの、知ってたよね?
(以前のリフィルが詰め替えにくくて さんざん愚痴ってたからw知ってるはず)

リフィル買ってきて瓶がないことに気づいた私は一瞬激怒したが
資源ゴミの容器を捜索して無事救出に成功。
感情を抑えて 「…捨てたでしょ」って静かに聞いたら
「知らない」ってすっとぼけたよね?www
猫とあんたしかいねーよ、この家の中には。
仮にも私なら「プラスチックのフタをつけたまま分別せずに」捨てたりは
しないのだ。絶対に。

他にも枚挙には暇ないが そんなこんなで

夫婦の日常って、こういう
「ちいさくてくっだらない」攻防のくりかえしなんだよねー…と
先日母と訪れた兄夫婦の家で 兄嫁と3人そんな話で
「あるあるある〜〜」とばかりに盛り上がりましたとさwww

平和と言えば平和、なのかなー

まあ夫婦でなくても、よくありますよね
他の人から見たら「これゴミ?」っていうものも
本人的には「要るの!」というケースは多々。

私自身はオットであろうと他人の「もちもの」に関しては
基本的につべこべ言う気はないけれど、
「置き場所」に関しては まあ 多少はいいたくなりますね。
とはいっても 共同の場所にできるだけ私物を置くな、って
ただそれだけ、いっこだけなんですけど。

個室のない家の中で唯一私的な空間と言えるのは
自分の机まわりだけなんで。 やりかけのアレやコレ
検討中のアレやコレで …私の机はまあ相当雑然としてますww
自分で自分にそこだけは良し、と許してます

オットの机はといえば…真逆です いつも机の上はスッキリキレイ
自分では掃除好きキレイ好きだから、ってことになってますが

…私にいわせりゃ 私が自分の机に山積みにしているような私物
アレやコレを 家中に広げているから、に過ぎないわけで。
自分の机の上だけキレイにしちゃって 何言ってんの? って感じですw(^^;;

まあ これもまた 傍から見たら「目くそ鼻くそ」ワールドですよねww
くだらなくて笑うしかないところだけれど
積もり積もればそれなりにストレスではあります。
「お互い様」の呪文の効力やいかに? どこまで続くものかしらん?








「くっだらない」を繰り返しながら 愚痴っぽいこと書く日々が続いてますが
ネガティブ垂れ流してスミマセン、と謝るべきところかも知れませんが。

…もういいじゃん、べつに。

ここは敢えてそう言いたい。うん。 もういいじゃないですか。

きれいごとしか吐いちゃダメ、ネガティブ禁止、みたいな
マナー強制にはもういささかうんざりしてるんです、私。
日本社会って、これまでだって十分そうだったのに
苦しい心のうちを誰にも言えない言いにくい、みたいな風潮を
さらに強化して なんかいいことあるんですか?
人間なんてどんだけ表側きれいにしたってひっくり返しゃ糞袋ですよ。
でもどっちも本当のことじゃないですか。 それでいいじゃないですか。
きれいごとでの取り繕いは、顔を合わせてる間だけでもういいでしょ。みたいな。
胸にためてるうちはものすごい毒々しいドロドロしたものに思えても
晒してみたら案外くだらないってことがよーくわかったりするんですよ。
誹謗中傷とか強迫じゃねーんだから、愚痴くらい放っとけっての。

とまあ、開き直りっちゃそのとおりですがw 最近はそんな気分で。
[PR]
by majalis_k | 2012-11-18 12:47 | 小さな家での小さなつぶやき

いまはスピリチュアルなんちゃらっていうらしい

霊感商法と不妊治療
すんごい語弊があるかもしれないけど
ハマっていく心理としては非常に似てる気がするなぁ、と。
この前スピリチュアル商法被害に関する番組を見ていて
ぼんやりとそんなことを考えた。

もちろん不妊治療がインチキだとかいう気はないし
あくまでも自分が治療を受けていたときの
個人的体験からの印象論だけど。

疑いながらも次々とお金をつぎ込んでしまう
一番の要因は「(これまでの分を)なんとか取り返したい」という心理
焦りや後ろめたさだったりするんだそうです

自分は騙されない、と思っていた人ほど深みにはまるというのも
それならわかる気がするよねー そういう人ほど
そうした思い(焦り・後ろめたさ)は強くなるだろうから。

不妊治療も なかなか止められなかったのは
取り返したい…って言いかたはちょっとえげつないけど

あともう1回、やってればできたかもしれないのに
ここでやめてしまって あとで悔やむんじゃないかとか

具体的にどこが悪いということもみつからないのに
仕事や家事に穴を開け お金をつぎ込むという
治療(なのか?)を続けることに対する後ろめたさとか

とにかくつぎ込んだものに対して結果を出して終わりたい
いうのはたしかにありましたねー

10人に2人、とかいう統計(の一例)だけ見ると
10回やれば2回はチャンスがあるんじゃないかとか
単純に思いますしね。(実際は卵のグレードとか、もっと複雑)

冷静に考えれば 圧倒的に不利なギャンブルみたいなものということは
わかっている わかっていても …次はその目が自分に来るかも?
10人のうちの2人に入れるかも?とか 思っちゃうんですねー
思いたいんでしょうね 信じたいことを信じてしまう

要するに 現実との直面や決断を先送りした結果とコスト、という意味では
同じなんですけど。 弱みを握られているという点もまあ同じっちゃ同じ

ただ霊感商法被害と違うのは 言葉巧みにそそのかされたわけではなく
自分の選択の結果なわけで、100%自己責任ってところですかねw

泣いてもわめいてもかえってくるものはない、という点で それなりに重いですけど
人を責めたりとがめたりせずにいられる分と思えば 背負えなくもない重さ

うまくいえないけど 何かを人のせいにしている間は
そこに魂が縛られてしまう気がするんですよねー …自由って重いんです
だけど自由でいたければ 背負うしかない重さっていうのもあって。

自分で決めたり 選んだり その重さをいっとき手放したくて
人は占い的なものに頼るのかも知れません。
ほんのいっとき、息をつくために。また背負う力を回復するまで。
そのようなためのものなら いいんじゃないですかねー
占いだろうとスピリチュアルだろうと。(私はやったことないけど)
最終的には また自分で背負うしかない、ってことを忘れさえしなければ。



♪  私たちは(破れた愛の)代償を払っただけでなく
  それについてくる税金のような苦しみだって、いまだに払ってる
  すべてを捧げたけれど 得たものといえば何もなくて
  そんな風に人を愛してしまうなんて お馬鹿さんね私  ♪


…カーラ・ボノフは そんな風にうたってますけど
対象が人になり 貢ぐものを愛情に置き換えれば
誰だってやってること やってしまうかもしれないこと、ですよね。
何も特別なことじゃないし 誰でも陥る可能性のあることなわけです。
自分には関係ないって言い切れる人はいないんじゃないでしょうかねー

そうそう 歌の通り、グズグズすると結局高くつくのですww
まあ 自分で背負いきれる範囲なら、それもまた人生ってことで…
ぼちぼち払っていくしかないじゃないですか?^^
[PR]
by majalis_k | 2012-11-18 11:22 | 小さな家での小さなつぶやき