東京閑〜とん☆ちん☆かん〜日記

oneofyou.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

写真入りの年賀状

子供だけの写真が入った年賀状をもらうと腹が立つ、
人格を疑う、そういう友人とは絶交すべし、みたいなグループが
あるSNSの中に存在することを、あるとき偶然知ったのだけれど
…まー いろんな人がいるもんですね。

家族写真として写っているものはかろうじてOK。
でも付き合いのある当人の近影がなく
子供(たち)だけの写真を平然と送ってくるとか
(子供に恵まれない家庭もあることだし)想像力や配慮に欠ける、ということらしい。

まあうちも子供に恵まれなかったので
気持ちとしては理解できなくもない部分はあるけど。
とはいえ実際そんな風に腫れ物に触るような気の遣われ方を
されるほうが傷つくし、余計なお世話だと思う。私はね。(^^;;

むしろそういうことを声高に言う人たちがいることで
子供がいない夫婦が必要以上に恐れられたり
付き合いを避けられたりするようになったら
それこそ迷惑だよなぁ、とすら思う。

ほかにも言い分としては
私とあなたが友人であり、知りたいのはあなたの近況であって。
子供とは友達ではありません。興味がありません。
自分たちの興味の対象を押し付けないでください。
…云々 あるようだけれども。

それもまあ一見筋が通っていそうにみえるけど
そもそも興味がないならスルーできないもんかね? とも思ったり。

いろんな価値観があるから
そーゆーの好きじゃない、と表明するところまではいいとしても
出す側の自由ってのもあるじゃない? 功利主義以降の社会においては
相手の自由を妨げない交換条件として、自分の自由も保証されてるわけですよ。
あるていど個々に判断を任されている領域で
やめてください。といった時点で越権になるんじゃ?

それに、嫌だと感じるのは自分の感情なので
相手に明らかな悪意とか 被った実害が認められなければ
それを処理する責任は相手でなく、自分にあるよね。
相手に変化を要求するのはまずお門違い。

まあ気に入らないなら黙って付き合いを切る、というのは
対処法の一つかもね。年賀状一つでそうなるなら
その程度の付き合いってことだし どっちにとってもたいした損失じゃないはず。

ネットで仲間を募って陰口を叩き合うのも
気分転換というか矛先をそらすという点では対処法の一つかも知んない。
けど、仲間を求めるのって結局自分は正しい、
相手が悪いって言い合いたいからだと思うんだよね。たぶん。
非難する、貶めるということは間接的にやめろというのと同じ、
相手の権利を侵害してることになるんじゃないかな。

百歩譲って、やるなら承認制にしてみえないところでやんなよ、と。
それこそ配慮足りないんじゃね? それとも嫌がらせとして故意に公開してる?

ある感情を持つこと自体は
ポジティブであってもネガティブであっても
善くも悪くもない、ただあることだけれども。
いずれにせよ あくまでも個人的なものだということは
みんな覚えていたほうがいいと思う。
その個人的な経験を適用して 他者を裁く、ということには
かなりの飛躍があるように私には思えるんだが。

とまあ ここまで書いてきたことも 私の感情、ですけどね。(^^;
(ちょっと非寛容すぎる感じがしていかがなものか、っていう気持ち)
だから裁くつもりもないけれど 見苦しいな、とか
つるんでるのが気持ち悪いな、とは感じます。個人的に。

まあ 子供の写真入りの年賀状を出す人は
出されるのも気にならないだろうと仮定すると
腹が立って仕方がないという人はあまり多くなさそうな印象です。
すくなくとも我らこそが常識人、と錦の御旗を
振りかざせるほどの勢力ではなさそうなので
個人的な感情として 個人的にそっと処理するのが
むしろ「常識的」態度をしめすことになりそうですけどね。

単純に子供は絵になる、変化がわかりやすい、
まだ成長途上にあり 親以外からはぶっちゃけ「みんな同じ」に見えるwので
半ばアノニマスな存在として使いやすい素材、ということでも
あるでしょうし。犬猫と一緒、と言ったら怒られるでしょうけどw
(あ、てことはペットの写真の年賀状にも腹を立てる人が一定数いるってことでしょうねw)

ほんと、猫飼ってますけど よその家の猫は見分けつかないですって。
個性があるのはわかるけど、匿名の個性なんて記憶に残らないし。

大人になってしまえば、毎年毎年報告しあうほどの
変化がないことも多いですしね。安易と言えば安易かもしれないですが
ただでさえ忙しい年末にやることですから ある程度仕方ないことかと。
ちょっと想像すれば 使う側の心理もわからなくもないですよ。

相手に想像力を求めるなら、自分もまた
想像力を行使しなきゃ、ということでもあるんじゃないでしょうか
[PR]
by majalis_k | 2013-01-04 14:43 | 小さな家での小さなつぶやき

あけましておめでとうございます

そんなわけで今日は元旦ですw

とはいえ昨日の続きということに変わりなく、
何もかも新しくなるわけじゃないですけどね
年頭だからといって特別なことは何も無いです

季節の行事とか風習とか節目とか
なるべく大事にした方がいいんだろうという認識は
人並みに持っているつもりですが
いまや休暇としてはGWとかの方が長かったりするくらいで
(気候だって冬至直後に比べたらずっと過ごしやすいし…)
おまけにやらなきゃいけないタスクも満載で

めでたいのかありがたいのかなんなのか
そもそも休みなんだっけコレ?
というくらいに疲れ果て ぐったりと寝正月ですよ、っと

まあいろんな人に事細かに説明するのも面倒くさいので
おおむねまずまず平穏幸せに暮らしていますよ、という
メッセージを何となく発信したりされたり 交換をして
ああそんならよかったねと 無責任に安心したりされたり

なにも本当のことこそがエラいというわけじゃないし
本当のことを知らせても知らされても
おそらく何にもしてあげられない してもらうことも期待できない
だからそうするほかないんだけど

ええ それがナニ?って話です

そうして 行き場のなくなった「本当」は
どこへ行っちゃうのかな いつか消えるの?
それとも積もり積もって不穏な何かに変化(へんげ)するの?

自分が割と無視されがちな透明人間キャラなのでww
あることを あたかも無いように扱うことに
人並み以上の抵抗を感じるのかもしれません
[PR]
by majalis_k | 2013-01-01 22:33 | 小さな家での小さなつぶやき